Anipunk in Pari オタクロもいっしょレポート前篇

0
    もうサンドウィッチとピザと機内食はしばらく食べたくありません。

    ちゅーわけで[Anipunk in Pari オタクロもいっしょ]レポート完全版前篇。

    6.30.Wed 朝(日本時間)
    sinと一緒にスカイライナーで成田に向かうはずが「電車乗り遅れたので直接向かいます」と連絡。「早速遅刻か!」と心配してたら、心配する先は別にあった。

    前日にパリ入りしているAnipunkの卍リョウ卍君から国際電話。

    一緒に行ったデカルチャーチーム3人のホテルブッキングが通ってなく、どうしたもんかと相談の電話。

    オタクロチーム(6名)とAnipunkチーム(6名)は同じホテルを俺がまとめてブッキング。

    デカルチャーチーム(3名)は別のホテルをブッキングしてたそうなのだが、それが取れてなかったらしい。

    しかし、俺と同じブッキングサイトを使って内金まで入れてたのに、ホテルにチェックインを申し出たら「そんな予約は入ってない」と取り付く島もなかったらしい。

    なんてことでしょう。

    「とりあえずブッキングサイトに連絡して、ダメなら誰かの部屋に入れちゃえ〜」くらいしか思いつかず。

    個人手配はこう言う時に困るね。言葉も通じないとまともなクレームも入れられない。

    成田に着く前からこんな一騒動…大丈夫なのかこの旅…。

    6.30.Wed 夜(仏時間)

    成田を出て15時間、モスクワ経由でパリ、シャルル・ド・ゴール着。機内食3回はさすがに堪えた。ホテルへはRERと言う高速鉄道(と言うほど高速では走らない)で30分ほど。

    ホテルに着いたのは夜の23時くらい。疲れもピークだが到着したばかりでテンション高め。Anipunk、デカルチャーチームと合流、皆で旅の成功を願って乾杯。


    その後、GERU-C閣下とオタクロチームは朝方4時過ぎまで飲み明かす。

    デカルチャーチームは結局初日はAnipunkの部屋で寝たらしい。翌日以降は別のホテルに。しかしハイシーズンなのもあり、1〜2日単位でしか取れなくて、だいたい午前中はホテル探しが日課になってた。かわいそうに。しかし、これも経験として今後の旅に役立ててほしい。


    今回利用したホテル[CAMBRAI]。駅から近くて便利でした。

    ブッキングサイトには帰国後にクレームだな。しかし、俺はホテル側の落ち度なんじゃないかと思う。安宿は適当なんだよね。

    オタクロチームのブッキングはツイン*1、ダブル*2部屋、と予定通りのものが用意されていて一安心。技師長とsinがダブルベットで寝る姿も見たかったがw

    しかしあとで話を聞くと、Anipunkチームはツイン*3を予約していたはずなのに、ダブル*3部屋を出されたらしい、「お前らファミリーバカンスかよwww」と笑われたらしいが、ふざけんなとwww でもツインが空きしだい変えてもらったようで良かった。

    こっちはツイン*3のブッキングが記載されてるペーパーもあるんだよ? メールでも直接やり取りしてるじゃねーか!! ほんといい加減だぜ。

    しかし、このような場合は怒ったらダメなようだ。怒ると担当もヘソを曲げて動いてくれない事が多いらしい。諦める必要はないが、できるだけ怒らずに食い下がるのが良いようです。

    7.1.thu (仏時間)
    JAPAN EXPO開催初日。今日の予定は、ota96.netでも告知したアメコミアーティストのアートライブにGERU-C閣下、坂本技師長、sinがDJ出演。11:00からと聞いていたが、会場に行ってみると、17:00からだと言う…。

    とりあえず会場を視察。



    でかすぎじゃね? 何万人入るんだよってレベル。

    主役であるはずのアメコミアーティストもいないし、段取りの説明が全然ないんだが大丈夫なのか…。どこで絵描くのかもわからん。

    機材とサウンドチェックはしたのでDJはOK。


    えーっと…もうちょっと小ぢんまりしたとこでやるものとばかりwww

    本番まで、JAPAN EXPOの会場を見てまわる。とにかく広い。歩いてるだけで疲れてくる。ビックサイトや幕張メッセだと思って下さい。

    ブリーチ、ナルト、ワンピース等のジャンプ系コスが大人気。反して、ガンダム、マクロスなどロボ系のコスはほとんどいない。意外な。

    このフランキーはノリノリで最高だった。


    銀ちゃんファミリー!


    ブラザーズな面々。


    オタクロコスプレコンビと一緒に。中身の完成度が高すぎるw


    美しすぎるキャッツ姉妹! 泪姉と瞳! 愛がいないのが残念すぎる!


    なんと、会場内に[COFFEE HOUSE CATS EYE]を再現!


    北条司先生、30周年おめでとうございます。


    ひろゆきさんがいたので2ショットもらいました。

    そんなこんなで、ようやく夕方の5時。アートライブスタート!

    おっぱじまったぜ! スクリーン3枚っ!


    ヘイヘイ! オ・タ・ク・ロ・スタイルで遊んでってくんな〜い!


    おいおい、初来仏でいきなりこんなステージもらっゃっていいのか〜い!? 調子乗っちゃうよぉ〜?

    DJだけなので、ステージは閣下たちにまかせ、俺はカメラを持って客席へ…。


    ズコーッ!! 客いねぇーっ!www

    直前のコスプレショーの時は1000人規模の客がいたのに! あの客どこ行っちまったんだwww

    まったくいないわけではなく、40〜50人はいるんだけど、会場が広すぎて、リハーサルやってるようにしか見えないw

    ちゃんと告知とかしてるの? これ成立してるの?www

    ある意味贅沢ではあるが…。

    しかしステージを見ると、ちょっと「?」と思う。

    DJブースがステージのど真ん中に置かれてる。もうDJはスタートしている。

    絵を描くボードがどこにもない。

    どこで描くんだ? と思っていたら、スタッフがDJブースの斜め後ろに絵描き用ボードをセットしだした。

    これ、セッティング逆じゃね? 今回アートライブがメインなんじゃないの? そんなステージの奥にボード置いたってお客からまともに見えないし、DJの添え物みたいだよ?

    閣下はMCでアメコミアーティストの2人にエールを送るも、2人からはあんま反応無し。黙々と描いてる状態。これがオタクロならもっとDJと絵師とのキャッチボールがあるんだが…。一応英語だったが、言葉通じてなかったか?w

    まぁしかし、オタクロDJ3人にしてみれば、もうDJタイムですから、いつものようにオタクロ的なセレクトで。川崎だろうとパリだろうと、やる事はあまり変わらない。


    「おいおい、お前ら、楽しいなら盛り上がれYO!」

    GERU-C閣下とsinは花道を行き来しながら、サービスサービスでお客さんを煽りつつ、巨大なステージを楽しんでいる。


    なんだか変なテンションになってきたGERU-C閣下とsin。


    オタクロDJが勝手に盛り上がってるうちに絵、完成!

    他メンバーも客席からオタクロスタイルで応援。後半は席立って応えてくれる現地のお客さんも増えて、なんだかんだありつつも楽しい時間でした。

    しかし、ほとんどオタクロがジャックした状態だったが、これでよかったんだろうか…。

    スタッフさんも結構盛り上がっていた。エヴァダンスを「ハラキリダンス!」と言って喜んでいた。

    後から聞いた話だと、現場スタッフはただのDJタイムだと思っていたらしく、アートライブの事も把握していなかったらしい。どうなってんすかwww

    俺も終始状況がつかめず、アメコミアーティストの2人には挨拶も出来ず仕舞だった。

    なんてことでしょう。

    しかし、これだけのステージ、もったいないなぁ。

    7.2.fri (仏時間)
    少しは観光しておこうと午前中エッフェル塔に。到着するも、あっと言うまに時間になってしまったので、外観だけ見てすぐにホテルに戻る。エッフェル塔はでかかった。こんなもんを100年以上前に作るなんて、フランス、恐ろしい子。

    午後からパリ市内にあるfnacと言うCDショップ兼電気屋さんでAnipunkのインストアライブ。記録係として同行。

    この一件がまたすごい。ネタの宝庫。

    ホテルまで通訳の方が迎えに来てくれたのはいいのだが、会場までタクシーで向かうはずが、駅のタクシー乗り場まで行ってみるも長蛇の列。諦めて「ホテルでタクシー呼んでもらう」と言うので、ホテルに戻る事に。しかしホテルで電話してもどこのタクシーもいっぱいで来られないと。では地下鉄で行く、となって、またもっと離れた別の駅に向かわされる。

    その間、小一時間。Anipunkメンバーは炎天下(体感温度は40℃近いのでは)の中、楽器を持って、ずーっと歩かされている。みんな文句も言わず、本当にえらい。


    ライブ前にすでに満身創痍。


    くたくたになりながらもようやく会場であるfnacに到着。


    お店入り口の一等地にはAnipunkライブの告知とアルバムが売られているじゃないか!! 20ユーロくらいだったかな。マイケルジャクソンのCDより高いよ!! これで皆のテンションもちょっと上がる。

    楽屋でステージのセッティングを待っていたのだが、PA担当者が、「俺一人しかいないから、セッティング自分たちでやってくれないか」と言われるAnipunkメンバー。

    ドラムやらマイクスタンドやらモニタスピーカやらを自分たちでセッティングする事に。

    この時はさすがにAnipunkかわいそうに思ったwww

    なんとかセッティングを終えて、リハ開始。

    鳴り響く爆音。買い物に訪れたお客さんも何事かと集まってくる。


    一通りチェックも終わり、「本番よろしく〜」と思いきや「すみません、本番は音量を今の半分にしてください」と言われる。

    その瞬間、脱力したGERU-C閣下、無言のまま楽屋へ…。

    ロックバンドに音量下げろってさぁ…。まぁ電気屋さんだしね、そんなに爆音出せないのもわかるけどね…だったら呼ぶなとwww

    みんなの疲れも頂点に。

    しかしこんなんで凹んでる場合ではないのだ! なんのためにパリまで来たのかと! 本番スタート!

    始まってしまえば音量もほぼそのままに、爆音でストレスを吹き飛ばす。


    アニパンク、シルブプレ!

    電気屋ですよ。普通の電気屋さん。かっこいい照明なんてないよ。オーディエンスはたまたま来店したお客さんがメインだよ。みんな物珍しい顔で見てる。

    そこで爆音アニメソング!

    たった20分の、このステージのために、いくつもの、灼熱の壁を乗り越え、今、Anipunkが汗をだらだらかきながら演奏してますよ!




    かっこいいぜ!


    ティーンのハートをがっちりキャッチだっ!

    初、海外ライブ! 電気屋さんで! 周りは電気製品がいっぱい!

    かっこいいじゃねーかっ!

    演奏終了。

    みんなスッキリした顔で楽屋へ。

    「この後、サイン会がありま〜す」

    いやぁ…この状態でサイン会かぁ…(誰か来るのか?)

    ここまでがんばってるAnipunkにまだ十字架を背負わせるのか、パリよ!!

    「誰もいなかったら俺がサインしてもらおう…本当に5人の頑張りに感動したから」などと思いつつ、Anipunkを追ってステージへ戻る。

    しかし、奇跡は起きた! たった1人だけど、ゴスロリの女の子が、このAnipunkステージのためにわざわざ地方から来てくれていたのだ。

    たった1人のサイン会!

    たった1枚のCDに、Anipunkの5人! 一生懸命サイン書いたぜ! 見たまえ! 次郎君のこの満面の笑みを!

    しかし、絵面的には5人の不良に囲まれて困ってる女の子にしか見えなかったけどねw

    終了後は店側がシャンパンも開けてくれて乾杯。楽しく終わりました。

    ギターの次郎君が「僕、もう、どこでもやれる気がします」って言っていた…。ぜひもっと過酷なステージもチャレンジしてもらいたい。

    以降、感動の後編へ続く!

    コメント
    色々ありました(w
    でも、楽しかったね!!!

    後編楽しみ!!
    • 閣下
    • 2010/07/09 6:06 AM
    感動レポートです! 感謝です!
    でもハラキリダンスって……海渡ってるしw
    • 鶴岡八幡
    • 2010/07/09 3:44 PM
    くっそ、すげー楽しそう(笑)
    お疲れ様でした。後編期待age
    • KMA
    • 2010/07/09 10:36 PM
    お疲れ様でした!

    • ギュウゾウ
    • 2010/07/15 11:44 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    recent comment

    schedule 2017

    ■02.05.(sun) ⇒TALK! #121
    ■03.05.(sun) ⇒TALK! #122
    ■04.02.(sun) ⇒TALK! #123
    ■05.07.(sun) ⇒TALK! #124
    ■06.11.(sun) ⇒TALK! #125
    ■07.02.(sun) ⇒TALK! #126
    ■09.03.(sun) ⇒TALK! #127
    ■10.01.(sun) ⇒TALK! #128
    ■11.11.(sat) ⇒ALL! #23
    ■12.03.(sun) ⇒Last TALK! #129
    オタクロは12.03(sun)のトークを持ちまして終了しました。今までありがとうございました!

    categories

    archives

    recommend

    序
     (JUGEMレビュー »)
    アニパンク,掟ポルシェ,石井明美,美勇士,原田喧太

    recommend

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM